行政書士事務所(業務内容/料金)

クリックするとジャンプします


車庫証明

車庫証明

   車庫証明(自動車保管場所証明)手続きを迅速・丁寧に代行します。
自動車を所有し登録するためには、その自動車の保管場所を確保した上で、警察署に車庫証明書を提出しなければなりません。行政書士が責任を持ってお車の車庫証明等を行わせていただきます。


「赤穂、相生、たつの、上郡、佐用、太子、備前、和気」など兵庫県西部、岡山県東部に対応いたします。

【一般的な車庫証明手続きの流れ】

自動車を購入した時や引っ越しなどで住所が変わったり、知り合いなどから譲り受けたりした場合、車庫証明が必要となります。

自宅から直線で2㎞を超えない範囲で自動車の全体が納まる広さであることが条件です。

車庫証明申請書は、正式には「自動車保管場所証明申請書」といいます。警察署の交通課で「申請書」「保管場所の所在図・配置図」、車庫が自分の所有の場合は「自認書」、他人の所有の場合は「使用承諾書」の用紙をもらいます。

「記載要領」を守って記入します。車検証などをお手元において確認しながら記入することをおすすめします。

車庫の住所地を管轄する警察署の交通課に提出します。

後日、申請と同じ窓口で車庫証明書と保管場所標章(車庫シール)を受け取ります。その後は、この車庫証明書を添えて自動車登録手続きへと移ります。

【車庫証明に必要な書類】

【車庫証明に必要な書類】

    • 自動車保管場所証明申請書
    • 保管場所標章交付申請書
    • 保管場所の使用権限を疎明する書面
    • 自認書または保管場所使用承諾書
    • 保管場所の所在図・配置図
    • 使用の本拠が確認できるもの

車庫証明申請 代行料金  
7,000
(証紙代、送料別)

自動車登録

自動車登録

   自動車を使用する場合は、必要となる登録手続きを行い、検査証の交付を受ける必要があります。登録手続する時には本人の住所又は自動車を使用する場所を管轄する運輸支局・検査登録事務所で行う必要があります。

 

【自動車登録の種類】

新規登録 ~新車・中古車を登録する場合~
自動車を新たに登録する場合の手続です。新車を購入した場合と一度登録を抹消(廃車)した車(中古車)を再び使用する場合があります。

変更登録 ~住所や氏名、使用の本拠地などを変更した場合~
登録した情報が変わる場合は、変更後の使用の本拠地を管轄する運輸支局等で手続きする必要があります。

移転登録 ~自動車を売買等により譲り渡し、または譲り受けする場合~
所有者を変更する場合には手続きが必要です。

抹消登録 ~自動車の使用をやめる場合や解体した場合など~
自動車の使用を一時中止する場合、または自動車を解体するなどして再使用しない場合に手続きが必要です。


自動車登録 代行料金  
7,000
(証紙代、送料別)

農地転用

農地転用

   農地とは「耕作の目的に供される土地」とされています。

「耕作」とは、土地に労費を加え肥培管理を行って作物を栽培することをいいます。 

果樹園、牧草栽培地等も肥培管理が行われている限り農地ということになります。

日本の国土は山林が多いため、平野部にある農地では都市的な土地利用が発生しやすい状況にあります。優良な農地が確保されるためには、農地の転用が合理的、計画的な土地利用の下で行われるとともに、転用によって周辺の農地の農業上の効率的な利用に支障が生じないようにすることが必要です。

農地転用許可制度は、このような観点から農地の転用が適切に行われることをチェックする仕組みとして設けられています。

【農地転用の許可・届出】

農地を売買したり、貸し借りするとき。

農地を農地以外に使うとき。

   田や畑などの農地を売ったり、貸したりして名義を変えるときには、農地転用の手続きが必要です。また、農地を宅地や工場用地、駐車場や資材置き場など農業以外の目的で利用するときにも手続きが必要です。

農地転用とは

農地の持ち主が変わったり、農地を農地以外のものとする場合など、農地の持ち主や用途を変えようとする場合に行う手続きのことです。

【相続・遺言に関する書類作成】

【相続・遺言に関する書類作成】

自筆証書遺言の原案作成サポート業務

公正証書遺言の原案作成サポート業務

遺産分割協議書の作成業務


農地転用 代行料金  
10,000

お気軽にお電話・お問合せください。
お問合せは無料であり、正式なご依頼をいただくまでは料金は発生しません。

ページトップ